HOME−ENTERTAINMENT
「物置しあたー」です

2006/1/12

とうとう買ってしまいました!>VPL-VW10HT
詳細は下記へ(1)('06/1/12)
詳細は下記へ(2)('06/1/26)
詳細は下記へ(3)('06/1/29)
詳細は下記へ(4)('06/3/21)
詳細は下記へ(5)('06/4/15)
詳細は下記へ(6)('06/4/16)
詳細は下記へ(7)('06/8/10)
詳細は下記へ(8)('07/2/12)
詳細は下記へ(9)('07/5/16)



当初、簡単にウィンドウブラインドで試してみました。
80インチくらいです。横幅1.8mくらいですので。
でもあんまりにも暗くて専用のスクリーンを
買ってしまいました(^^;

こんな感じでプロジェクタの視点からスクリーン方向を撮った写真です。
100インチありますので、スクリーンは2.54cm×100=2.54mの対角線、
横:2.54m÷5×4≒2m/縦2.54m÷5×3≒1.5m(3平方の定理より)
の大きさになります。SPが大きいものなのでそんなに大きいとは
思えない感じになっています(笑)

さすがビーズスクリーン!キチンと入射方向の光に反射してスクリーンが光ってます。





このLVP-1000VFは世間一般様で言われるほど歪んでないように思うのですが…
ただ、実はわざと映していない左端の部分の赤がぼけてはいるのですがこのように
映せばわからないでしょう(^^;

まずは今のところ2chで再生しています。DVP-S7000ではちょっとぼけ気味なのでかっちりした映像を
出すDVDプレーヤがあってもいいかも。MDS-JA50ESはDACとして活用してます。

実際にこの大きさになると場面場面でのDVDに入っている映像自体の
フォーカスの甘さが気になります。3管(口は一つですが)でピント、フォーカス、
RGBのレジずれがほとんど無いので、これ以上はどうしようもないかも。
走査線が気になるのはDVDで映す以上、どうしようもないでしょう。
プログレッシブにしたところで、情報が増えるわけでもないし。
走査線がくっきり見えてしまうのをなくすには…プロジェクタを換えて
BSデジタルでも導入するしかないです(^^;

実際の画像を映して見てもこれでは大きさがわからない…

それで、対比できるようなものを載せてみました。
NS-2000(スピーカー)の上に乗っているものは
フルサイズコンポ(43cm幅)です。スクリーンの
大きさをよく考えてみましょう…

あと、4:3の映像を2つほど載せます。ちゃんと文字が読めることに感動しました(^^;


そして今回2/21、液晶プロジェクタなるものをちょっと借りてきました。

小さい方がELP-713/大きい方がLVP-1000V
大きさの違いがよくわかります(^^;
ちなみにELP-713はB5サイズです。
同じ100インチを映す位置のまま写真を撮りました。
ELPの方だと1mほど後ろにしないと100インチができません。

さて、肝心の映り方…のまえに機器をちょっとついか

S7000だとピントが甘い(というか映像周波数特性が高域までのびていない)
のでS9000ESの出番です(^^;

液晶だと


3管だと

基本的な明るさ自体が違います。
ちなみに、灰色の部分の明るさが大幅に違うことがわかるかと思います。
当然、光量が違うので薄暗いところでもある程度みることが液晶では
できることが今回試してみてわかりました。

困ったことに液晶の方は「明るさ」っていう項目では
ランプの明るさを変えるわけではなく

こんな感じで、階調表現のしきい値をかえるだけ
(これはもうちょっと「明るく」に設定しました:白飛びを早めにさせるだけ)
※「暗く」設定すると、黒に沈めるのを早くするだけ

液晶で上記場面と同じ場所をとってみると

まぁどっちがいいかは好みの問題ですが、
なるほどグレーマット使うわけですね>液晶の場合

そして…TVチューナー(EDV-7000ともいう(^^;を導入しました。


この大きさでみるTV放送は……なんというか
1時間くらいみてなれた後に居間の45型をみると…
こんなに小さかったっけ>45型って感じになります(笑)

2006/1/12
定価が定価だけに手が出せなかったプロジェクタ
「VPL-VW10HT」ヤフオクで手に入れました。

これですが、まず、軽く映してみると

一般にいわれるように緑っぽい映像です。
なので、これを「CC50M」フィルターを
装着して調整後の映像が下記
(ファクトリモードへ入って、RGBガンマ、ゲインを再調整)

今現状、まだ、調整中
(グレースケール(左上)をみるとわかりますが、途中緑っぽいとか赤いとか青いとか灰色では無い部分があります。
つまり、RGBのガンマカーブが綺麗に揃っていない状態です。)
でも、この状態でも、いろいろな映像を見てびっくり!ほんとに綺麗なんです。
そして、ランプを暗い方に設定してもなんて明るいんでしょう!
って感じでこれはほんとにミニ映画館って感じになりました。

2006/1/26
ガンマカーブがあわないでグレースケールの灰色があわないのはあきらめてちょっと色合いを微調整しました。

1/12にあわせたものは青っぽいので(まぁこれもいいのですが)これを
通常にRGB均一にしてみました。同じ画面あるのを見比べるとちょっと
青っぽさが解消されています。設定を相当いじりました。初期値は全く
使っていません(ガンマ182/188/163、ゲイン90/88/90)

あと、感心したのはDRC4倍密ロジック。この画像は、ふつうの
インターレースで入れているものです。それが、このように変換
されるんだからすごいものです。文字読めます!

2006/1/29
天井吊り下げしました。

物置の天井にお金をかけないでつってみました。
これでもふつうに吊り下げできます。(ラワン材+金具)
今度ちょっと試してみたいのは、台形補正をなしにして
投射できるように角度調整してみること。です。

2006/2/11
現状の写りを撮ってみました。

同じ場面を見比べると、(10HTだけ16:9)
↓LVP-1000V

↓ELP-713

↓VPL-VW10HT

すごい階調表現ができていることがわかると思います>10HT

2006/3/21
ケーブルを自作ケーブルに変更しました。
作り方はここで

こんな感じに変わります。
実際の画像の写りはというと

これ、2006/2/11と条件変えていないはずなんですけど??
明るくなったのかなぁ?
極細ケーブル5C-FVなので当然かも?

2006/4/15
突然ですが、今現状のシステムを紹介します!
右からM-05/LUXMAN,C-05/LUXMAN,DVP-S7000/SONY,その他

20年以上前のLUXMANを使ってます。壊れるまでは使います。
M-05はすごい駆動能力です。何てったってNS-2000を楽々ドライブしますから。
DVDプレーヤーは結局、DVP-S7000を使ってます。

キクチ、ビーズスクリーン4:3-100インチ,NS-2000/YAMAHA,その他

4:3のスクリーンですが、16:9で使ってます。(90インチになる:16:9)

NS-2000/YAMAHA拡大

これ、入手したときにはすでにエッジ張り替え済み。

VPL-VW10HT/SONY

ここまで4倍密がすごいものだとは思っていませんでした。
NTSCの解像度をなんでここまで綺麗に拡大できるんでしょう!

2006/4/16
今日はちょっと今まで疑問に思っていたことをチェック
現状、3台あるうちのS7000、このうち2台がDVD+RのROM化DISCを 再生します。


これの違いは、ピックの当たりはずれか?って思いました。 が、ちょっと冷静に考えて、
スタンバイから「時間表示→クリア→電源」を ポチっとな。


で、再生するものは、SYScon Ver.1.05。


再生しないものは、 SYScon Ver.1.80。


これは、DVP-S7000のSYScon Ver.1.05のやつだと、
まだまだ現役で使えるってことですね!(^^;

2006/8/10
この間久しぶりにDVDを大画面で再生してみると
パネルの色がどこか抜けている…
詳しく調べると、

↑この様に、Redパネルがおかしい模様
なので、修理に頼む前に分解してみました

この様に分解してチェックすべきは

このRGBのうち、Redのパネル。
みられるのは接触不良くらいでしょう
とのことで

この部分を何回か抜いては接点を
拭き拭き! してみたら

ごらんの通り、直ったみたい!
やったね!(^^)V
まぁ、こういうこともあるんでしょう。

P.S.今の現状の機器群(DVP-S7000を予備にしてあります(^^;


2007/2/12
ちょっと機器の追加

TVチューナーを追加

そうして、ちょっと気になっていた部分

工事用のどぶ板(20kgくらい?)を
発泡スチロール(200gくらい?)に変更


比較するとこんな感じ

ちなみにこのスピーカー

NS2000は40kgあります…
いままでドブ板とあわせると
考えたくない重さになっていましたが
ちょっと安心(^^;

2007/5/16
あたらしい仲間!

右の端にそびえ立つPS3!


これ(ハンドル)はPS2時代に購入!


画面はこう!
これはGT-HDの一こまです。
そのまま実車です。


それに比べて、これ、リッジレーサー
これはありえない速度表示。
完全に「ゲーム」です。

ホームへ戻る